職種紹介:デザイナー系UI制作

UI制作長谷川 絢美

UI制作とは

プレイヤーがゲーム内で情報を得るための各種メニュー画面、タイトルロゴ、「体力ゲージ」「得点」などの情報、これらを分かり易く、ゲームイメージに合わせてデザインを行う仕事です。排出カードやポスターなどの外部媒体のデザインも行います。

Q1.これまでやってきた仕事と今の業務内容を教えてください

入社以来、アーケード、コンシューマなどジャンルを問わず、様々なタイトルのユーザーインターフェイス(以下、「UI」)担当として関わらせていただきました。UIデザイナーの仕事はそのタイトルの平面的なところほぼ全てです。画面内の様々な情報をレイアウトの提案から行い、それ以外にも、ロゴや、ポスター、公式サイトの素材作成に至るまで多岐にわたります。現在は、他社の版権を使用したタイトルに関わっているため、イメージや世界観のとらえ方が間違っていないか、版元の監修を受けています。最近はリーダー業務も行っているので、他のメンバーが作業に注力できるよう、他セクションやリーダー間の情報収集を密に行い、先の作業を見据えてスケジュールやタスクを組んでいます。メンバーには、より楽しく仕事をしてほしいので、なるべくやりたい仕事を回せるようにしています。

Q2.仕事をやっていて喜びややりがいを感じるのはどんなところですか?

作成したゲームをプレイしたお客様が楽しんでいただけたときは頑張った甲斐があったなと思います。今はSNSや動画サイトなどでも反響を確認できますが、ゲームセンターで生の反応を見ることができるのは、アーケードタイトルの醍醐味だと思います。また、店頭のポスターや販促物、筐体の装飾まわりを作ることも多いのですが、それが掲示されているのを見つけたときにはこっそりニヤニヤしてしまいます。

Q3.セガグループで達成したい夢や野望、将来の目標は何ですか?

私は入社時にアーケード専門の部署に配属されましたが、せっかく手広くゲーム開発をしている会社に来たのだから、いずれはアーケードもコンシューマーもどっちもやってみたいと思っていました。幸運にも当時抱えていた野望はすぐ叶えることができましたが、今はコンシューマーやスマホの同時開発をしているタイトルは多いので、色々経験を重ねたいならセガ・インタラクティブはオススメだと思います。今後はもっとツールを覚えて、より広いタイトルに関わっていけるようスキルを磨いていきたいと思っています。

Q4.セガ・インタラクティブの職場の雰囲気ってどんな感じですか?

黙々と集中して画面に向かう人もいれば、集まって熱い議論を交わす集団もいたりと、その人のスタイルに合わせて自由に作業できる雰囲気があります。〆切間際は全体的に緊張感が走り、チーム一丸となって完成させていくプレッシャーもありますが、基本的には個人の裁量で仕事しやすい環境だと思います。オフィス内にはデスクの間にゲームセンターの筐体が混在しており、製作中も確認のために起動するので歌が流れてきたり必殺技の叫び声が聞こえたりと賑やかです。

学生の皆さんに向けて一言メッセージをお願いします

UIデザインはいかにデザインの引き出しを多く持てるかが重要になりますが、何か好きなことや物があるとその人の軸として強い力になります。それが何故好きなのか、どこに惹きつけられるのかを突き詰めて、自分もそう思われるようなデザインを作っていって欲しいと思います。

こんな仕事に関わりたい方はこちら

募集要項