職種紹介:デザイナー系エフェクト制作

エフェクト制作後藤 弘樹

エフェクト制作とは

美しい魔法、壮大な滝、光り輝くGOALの文字など、強調すべき状態変化等に対する視覚的演出効果を付加する仕事です。印象的なエフェクトを加えることで、ゲームに対する印象をガラリと変えることができます。

Q1.これまでやってきた仕事と今の業務内容を教えてください

エフェクト制作希望で入社しましたが、最初はアイテムイラストを量産する仕事でした。先輩がクォリティラインとなるメインアイテムを用意してくれ、それらと並んでも違和感が無いようサブアイテムを量産していきました。パースの狂いを指摘されたりネタ切れで資料収集に明け暮れた日々は良い思い出です。携帯の待ち受け画像にエフェクトを描き込む仕事などもあり楽しかったし沢山指摘されて勉強になりました。今はゲームエフェクト、ゲーム中に差し込まれる演出シーン、タイトルロゴムービーなど演出全般を担当しています。

Q2.仕事をやっていて喜びややりがいを感じるのはどんなところですか?

入社したばかりの時は自分の作ったアイテムイラストが世の中にお披露目されるだけで有頂天でした。お客様がアップした対戦動画に沢山コメントが付いていたのも全部チェックしてモチベーションにさせて頂きました。お客様がもっと簡単に動画をアップできるように、プレイ動画録画&DLサービスを作ろう!という当時画期的なサービスが誕生した瞬間は今思い出しても興奮します。今はやりたいことができる技術が身についてきたし、もっと先が見えるようになってきたので、もっともっと先を見たいという欲求と焦りがモチベーションになっています。

Q3.セガグループで達成したい夢や野望、将来の目標は何ですか?

自分が作った三国志大戦2を遊ぶために2時間待ちの大行列に並んでいた時の体験が忘れられない思い出です。三国志大戦2は途中参加だったし既にブームが起きていたゲームでした。全く新しいコンテンツでブームを作ることが目標です。それが息子と一緒に楽しめるものだったら最高です。
夢は世界平和。野望は世界シェアTOP3入りです。

Q4.セガ・インタラクティブの職場の雰囲気ってどんな感じですか?

悪ノリし易い雰囲気があると思います。冗談で突拍子もないアイディアが出た場合、必ず全員が乗っかって暴走を始めてしまいます。あと「そもそも」という言葉をよく聞きます。問題が複雑になった場合に最もシンプルな解決方法を考えるのですが、突拍子もないアイディアと原点回帰の思考回路とシンプルさの追求によってコロンブスの卵が生まれる瞬間があります。こういうのは文化的だなぁと思っています。

学生の皆さんに向けて一言メッセージをお願いします

一度でもブームの中心にいた経験が有るか無いかで、その後の人生への向き合い方が違ってきます。僕は三国志大戦2の開発を経験していますし、あと24年間は働いている予定なので1度くらい自分の手でブームを生み出せると信じています。セガには過去何度もブームを作って来た実績があり、発想が斜め上を行く文化があり、世界最先端を研究する天才的なスタッフもいます。そして『総合エンターテインメント』企業なので面白そうなことは何でもできる懐の広さがあるのです。僕達と一緒に感動体験を創造してみませんか!?

こんな仕事に関わりたい方はこちら

募集要項

HOME職種紹介エフェクト制作