職種紹介:プログラマ系サーバアプリケーション開発

サーバアプリケーション開発磯 正敏

サーバアプリケーション開発とは

同じゲームコンテンツを遊んでいるプレイヤー同士をつなぐ、サーバプログラムを設計・開発する仕事です。

Q1.これまでやってきた仕事と今の業務内容を教えてください

キャリアとしてはメダルゲームのサーバ運営から始まったのですが、その後はビデオゲームやスマホゲームのサーバ開発にも携わり、様々なジャンルでゲームサーバの開発を行ってきました。今は特定のプロジェクトには入っておらず、部署内のプロジェクトでサーバに関する問題が発生したときの技術サポートや、新しくプロジェクトを立ち上げるための基礎研究を行っています。

Q2.仕事をやっていて喜びややりがいを感じるのはどんなところですか?

ひとつは、ゲームセンターを覗きにいったときに、自分が開発に携わったゲームを実際に遊んでくれているプレイヤーの反応を見てるときにやりがいを感じます。もうひとつは、これはあたり前のことだとは思いますが、自分が仕事で関わったゲームのサーバが安定稼働してくれていると、やはり嬉しいですね。

Q3.セガグループで達成したい夢や野望、将来の目標は何ですか?

メダル、ビデオ、スマホ向けゲームと関わってきたので、それぞれ面白いところを掛け合わせたようなゲームを作ってみたいですね。もちろんサーバ技術を生かしたオンラインゲームで。それと、業界初の試みというワードが好きなので、隙あらば仕込んでみたいですね。サーバ側の工夫は直接は目に見えないので、お客様には表面上なんのことやら伝わらないかもしれませんが。

Q4.セガ・インタラクティブの職場の雰囲気ってどんな感じですか?

サーバ業務とはいえ、他の職種と物理的に区切られているわけではないので、アーケード筐体が席の近くに置いてあったりします。僕は元々アーケードゲームを遊んでいるので、BGMぐらいに感じていますが、一般的には少しうるさいのかも知れません。作業に集中するときはイヤホンやヘッドフォンをつけてる方もいます。

学生の皆さんに向けて一言メッセージをお願いします

ひとくちにサーバといっても、通信対戦のマッチングサービスや、ゲームと連動したWebサービスなどのインターネット側のサービスに加えて、ゲーム筐体の中にもサーバ機能として動くものがあったりと活用する場所は様々です。また、今後は機械学習やスマートデバイスとの連携といったところも、アーケードゲームとどう組み合わせて面白いモノを作っていくか、を考えるうえでサーバ技術者は欠かせない重要な存在だと思っています。もちろん、ひとりですべてを担当するわけではないのですが、個人の持っている技術に合わせて活躍の場所を与えてくれる職場なので、一緒に面白いモノづくりに挑戦しましょう!

こんな仕事に関わりたい方はこちら

募集要項

HOME職種紹介サーバアプリケーション開発