職種紹介:プログラマ系インフラエンジニア

インフラエンジニア高田 綾香

インフラエンジニアとは

ネットワーク制御・データ制御など、ゲーム体験のインフラを支える仕事です。その魅力を磨くために、いろいろな専門家がそれぞれのスキルを発揮しています。

Q1.これまでやってきた仕事と今の業務内容を教えてください

ゲームセンターなどに設置している『ALL.Net』という、セガのAMタイトル共通の通信インフラに纏わるサポート業務をメインで行っています。具体的には、タイトルの開発チームから来る『ALL.Net』を使うに当たっての相談に乗ったり、普段はタイトル筐体を置かないような場所(例:イベントホール)で一時的に『ALL.Net』に繋げるための接続環境を用意してあげたり、といったことをしています。

Q2.仕事をやっていて喜びややりがいを感じるのはどんなところですか?

どの種類のインフラでもそうですが、通信インフラはまず問題なく利用できることが当たり前ですので、準備した環境できちんとタイトルが動いているのを確認できた時は達成感があります。またインフラエンジニアという仕事の特性上、ほとんどのAMタイトルと関わりがあるので、横断的に開発状況やタイトル個々の事情を知ることができる立場なのは、ちょっと嬉しいですね。

Q3.セガグループで達成したい夢や野望、将来の目標は何ですか?

ゲーム業界全体として、昔に比べて斬新な試みがしにくくなってしまっているのが現状です。もっと新しいことにどんどんチャレンジして、世間をあっと言わせるようなゲームが出てくる土壌を作り上げていきたいです。

Q4.セガ・インタラクティブの職場の雰囲気ってどんな感じですか?

社員それぞれが自分の好みに合せた環境をデスク周りに築いているのもあって、よくも悪くも個性あふれる自由な職場だと思います。私の場合は集中力を上げるために音楽を聞きながら仕事をしていることが多いのですが、それが許される環境はかなり珍しいんじゃないでしょうか。

学生の皆さんに向けて一言メッセージをお願いします

インフラエンジニアと聞くと地味な印象を受けがちですが、セガ・インタラクティブの中では様々な案件に関わり、新しい試みに触れる機会が多い立場です。アーケードだけでなく将来のゲームがどのように発展していくか知りたい方、それだけでなく自分の思い描く展望を実現させたい方、ぜひ私たちとともに働きましょう!

こんな仕事に関わりたい方はこちら

募集要項

HOME職種紹介インフラエンジニア